誹謗中傷について考えよう

img-1

インターネットが普及するようになり、誰でも気軽にブログのコメントに参加したりすることができるようになりました。


古い友人と縁が復活できたり、恋人と毎日連絡を取ることができたり、良い面も多いですが、時々個人の誹謗中傷をインターネット上に書き込む人もいます。

顔が見えないので、その内容は過激になってしまうこともあります。


芸能人や有名人に対して、ブログに悪意のある誹謗中傷を残すことはいけないことです。


会ったこともない人に対して、勝手に相手の人格を妄想して、恨みを募らせ相手を傷つけてしまおうとする書き込みは人を傷つけることです。


自分がされて嫌なことは絶対に人にはしてはいけないです。



また、特定の会社に対して、評判を落とすような誹謗中傷をすることは卑劣な行為です。



その書き込みを見たことによって、客離れが起きることも考えられるので、非常に迷惑なことになります。

いつ誰が被害に遭うのかわかりませんので、自分のブログのコメントを確認したり、名前を検索したりして悪いことが書かれていないか確認しておきましょう。



家族や友達にも見つけた場合には、すぐに連絡してもらうと早急な手段を取ることができます。

もし、掲載されたくない内容が書かれていた場合、ホームページの運営者に連絡して削除要請することが大切です。



あまりに悪質な場合、相手を法的手段で訴えることができます。

もし、悪意のある書き込みを見つけた場合には、弁護士に相談しましょう。



内容によっては、名誉毀損罪や侮辱罪として慰謝料を請求できます。



関連リンク

img-2
誹謗中傷について考えよう

インターネットが普及するようになり、誰でも気軽にブログのコメントに参加したりすることができるようになりました。古い友人と縁が復活できたり、恋人と毎日連絡を取ることができたり、良い面も多いですが、時々個人の誹謗中傷をインターネット上に書き込む人もいます。...

more
img-2
出来る限りの誹謗中傷対策を自身で行う

誹謗中傷対策を行うときは、出来る限りの対策を自身で行わなくてはいけません。もちろん、弁護士に相談をして必要な手段をとってもらうことも非常に大事ですが、自身で出来ることをやっておかないと同じことが何度も行われる可能性があります。...

more
top