誹謗中傷対策は専門家に尋ねる

img-1

誹謗中傷対策をする時は、一人で悩みを抱えていないで専門家に相談することが大切です。
特に、インターネット上の誹謗中傷に関してはある程度の対策を比較的簡単にすることができるため、困っているときにはすぐに相談したほうが早いのです。誹謗中傷に関しては、専門の弁護士が個人から会社まで相談を受けている事務所があります。



具体的にどのような方法で解決するのかというと、情報開示の請求をすることによって問題を解決することが可能です。



実は、インターネット上の活動と言うのは必ずしも匿名で行われているわけではありません。



特に、プロバイダと契約をしてインターネットに繋げている個人は、本名や住所を登録してお金を支払いながら利用しています。



弁護士は、このプロバイダに対して中傷を行った人物の情報を公開するように求めることが出来ます。
情報の公開を求められたプロバイダは必ずしもその情報を公開しなくてはいけないわけではありませんが、継続性のある人物が行った場合には大半の場合で公開しなくてはいけないためそれほど難しいことではありません。


情報を公開してもらった後は、特定の人物を突き止めてその人物に対して慰謝料を請求することが出来ます。

インターネットは多くの人が匿名性を感じていますが、その匿名性は犯罪行為が含まれるコメントに対してはあまり意味を成しません。



事前に対策を考えていれば簡単に相手に賠償を請求できるため弁護士に頼るのが一番なのです。



関連リンク

img-2
ネット上の誹謗中傷の原因

ネット上の誹謗中傷の主な原因は顔や名前などが全くわからない状態であることで、最近ではインターネットによるコミュニケーションが盛んに行われているので、他人を誹謗中傷することで自己満足をしているユーザーも増加しています。ニュースなどにもなる無料通話アプリによるいじめなども同級生などからの誹謗中傷が原因であることが多くなっていて、教室内で行われていたいじめが現在ではネット上で行われるようになっています。...

more
img-2
誹謗中傷対策は専門家に尋ねる

誹謗中傷対策をする時は、一人で悩みを抱えていないで専門家に相談することが大切です。特に、インターネット上の誹謗中傷に関してはある程度の対策を比較的簡単にすることができるため、困っているときにはすぐに相談したほうが早いのです。...

more
top