ネット上の誹謗中傷の原因

img-1

ネット上の誹謗中傷の主な原因は顔や名前などが全くわからない状態であることで、最近ではインターネットによるコミュニケーションが盛んに行われているので、他人を誹謗中傷することで自己満足をしているユーザーも増加しています。



ニュースなどにもなる無料通話アプリによるいじめなども同級生などからの誹謗中傷が原因であることが多くなっていて、教室内で行われていたいじめが現在ではネット上で行われるようになっています。



誹謗中傷に関しては法的な手続きを取ることもできるのですが、金銭的な被害や精神的な苦痛がない限りは警察や弁護士に頼っても解決が難しい場合があります。



刑事告発をする場合には誹謗中傷を繰り返しているサイトなどを訴える方法がありますが、個人の場合には裁判費用が高いのであまり訴えることはありません。



企業の場合は商品の売上などに直接影響するので、すぐに法的な手続きをとって犯人を特定するのですが、不特定多数のユーザーが犯人である場合にはネット掲示板やサイトの運営者を民事訴訟で訴えて、賠償金を支払わせる手段があります。



基本的にはインターネット上でも言論の自由に守られているのですが、他人が精神的な苦痛を感じて、それによって被害を被った場合には法的な処分をされることがあります。



最近ではリベンジポルノなどが問題となっていますが、国によって法律が施行されたので、失恋をして恋人と撮影した動画をアップロードした場合には逮捕されることがあります。


関連リンク

img-2
誹謗中傷について考えよう

インターネットが普及するようになり、誰でも気軽にブログのコメントに参加したりすることができるようになりました。古い友人と縁が復活できたり、恋人と毎日連絡を取ることができたり、良い面も多いですが、時々個人の誹謗中傷をインターネット上に書き込む人もいます。...

more
img-2
誹謗中傷対策は専門家に尋ねる

誹謗中傷対策をする時は、一人で悩みを抱えていないで専門家に相談することが大切です。特に、インターネット上の誹謗中傷に関してはある程度の対策を比較的簡単にすることができるため、困っているときにはすぐに相談したほうが早いのです。...

more
top